しっかりした伝統に支えられた、西洋クラシック音楽。数多くの偉大な作曲家、演奏家が作ってきた芸術の世界。音楽はあなたの人生を豊かにし、多くの人々を幸せにするすばらしいものです。でも、そのためには確かな技量を身に付けることが大切。厳しくも暖かい指導で、あなたの技量は一段と向上するでしょう。

ピアノ専修

ピアノは美しい音を奏でる魅力ある楽器です。その音に惹かれたあなたも素敵な人です。楽譜は単純に見えても内容を理解することはとても難しいものです。さらにその作品を音で表現するためには、脳(心)を使い身体を従わせるという難しい作業をこなさなければ完成しません。ピアノ専修では、あなたの「弾きたい心」に応えるべく、先生方が技量と経験のすべてを尽くしてあなたを導きます。

野口 誠司 教授

ピアノ演奏は、とても難しいですね。演奏したい曲は、内容も深く、それらを表現するための音符もたくさん増えてきます。それに伴い、演奏者は、テクニックを変化させなければなりません。知っていて当然の、レガート奏法・スタッカート奏法・和声など、きちんと整理できていますでしょうか。学びたい!と思った「今」がとても大切な時です。私達は皆様の演奏を理解し、丁寧に個人指導します。将来、演奏者や指導者として活躍できるよう、福岡女子短期大学音楽科で私達と学びましょう。

安村 真紀 准教授

それぞれに素晴らしい能力と感性を与えられた皆さん、是非、その能力をさらに磨き、演奏家・指導者・一社会人としてしなやかに逞しく自立できる力を身に付けましょう。音色を聴き分ける耳、運指法、身体の使い方、読譜力、表現力など丁寧に基本を学ぶとともに、アンサンブルや公開演奏など実践の経験を重ねる事で大きく成長することができます。自ら考える力を付けるため、幅広い教養を身に付け、本質にふれること、そして常に模索すること、これらは音楽家としてのみならず、必ずや生きていく力につながることでしょう。同じ道を志す仲間と共に、音楽の持つ素晴らしい力を信じて勉強していきましょう。

吉田 あかね 講師

偉大な作曲家たちが残してくれた素晴らしい音楽。音楽家にとって必要なのは、その音楽を伝えていく確実なテクニックと読譜力、そして何よりも音楽を敬愛する心です。レッスンでは、楽譜の読み方から運指、テクニックを習得するための練習方法などをお伝えしながら、みなさんの豊かな感性を最大限に引き出し、素晴らしい音楽の表現へと結びつけていくお手伝いをしたいと思っております。

声楽専修

人間の声は私たちが生まれながらにして持っている素晴らしい楽器です。これを日々の努力で磨き上げることで、さらに表現の幅を広げることができるようになります。レッスンでは、歌曲やオペラアリア等の様々な声楽曲を、自然体の美しい響きのある声で歌えるようになることを目指し、一人ひとりにあわせた丁寧な指導を行います。

鶴田 智子 教授

自然体でのびのびと歌うためには、呼吸法や発声法などの基礎をしっかり学び、身に付けるための努力を続けることが大切ですね。また取り組む作品の文化や歴史などを総合的に勉強することも必要なことです。さらに声楽は身体が資本なので、日頃の健康管理はもちろんのこと、身体に密接につながっている心にも栄養が必要です。日頃から様々な芸術にふれ、友人との交わりの中から豊かな感性を培い、将来多くの人を幸せにすることができる素敵な表現者を目指してほしいと思います。

電子オルガン専修

多様なジャンルで様々な形態の演奏をする事が出来る電子オルガンには、多くの可能性があります。特にクラシック分野ではオーケストラ作品を電子オルガンに編曲して演奏する事に加え、電子オルガンの為のオリジナル作品も増え、楽器としての地位を確立してきています。またオペラやコンチェルトのオーケストラパートを演奏する事が盛んに行われるようになり、他楽器との交流も多く行われています。

桑原 哲章 准教授

電子オルガンを演奏するには「オルガン奏法」という独自の演奏法があります。これは同じ鍵盤楽器でもピアノとは大きく違います。レッスンではオルガン奏法を基本から指導します。このオルガン奏法を身に付けてこそ幅広い演奏が可能になるのです。またアンサンブル力を付ける事も大切な事です。特に他楽器とのアンサンブルはこれからの電子オルガン音楽において重要になってきますので、じっくりと指導していきます。電子オルガンは自分の好きな音楽を見つけ、その感動を伝えるという音楽の原点を表現出来る素晴らしい楽器です。一緒に電子オルガンを盛り上げ、創りあげていきましょう。

管弦打楽器専修

管弦打楽器はそのほとんどが、吹奏楽やオーケストラで演奏されている楽器です。中学校や高校の吹奏楽で学び経験した事をもっと深く専門的に勉強してみませんか?古典から現代までの楽曲や教則本を通じ、技術と表現を一人ひとりに応じて伸びるよう指導します。

木下 圭子 教授(クラリネット)

楽器をひとりで演奏できる様になるためには、基礎的な奏法や技術、表現力といった様々な要素が必要となってきます。そしてそれらの事を身に付けるためには「自分の課題を見つける事」が大事なポイントとなるでしょう。本学では各人に合わせたレッスンを優秀な講師陣が指導しますので安心して学ぶ事ができます。そして皆さんにはぜひ「音楽ができる喜び」を2年間の学生生活の中で感じて欲しいと願っています。