Student’s Voice在学生の声

経験豊富な先生方による授業を受けられる

樋口 ひとみ さん(福岡県 三井中央高校 出身)

毎日の食に関わることなので、いろんな人におすすめしたい学科です。2年という短い期間で職に就くためのカリキュラムがしっかりしていて、病院や事業所で経験を経た先生方からリアルな声が聞けるのも特長です。将来の夢は、栄養士よりワンランク上の指導ができる管理栄養士になることです。

糖尿病の祖父を食事でサポートしたい

松谷 舞佳 さん(鹿児島県 国分中央高校 出身)

栄養士を目指したきっかけは、糖尿病の祖父を食事の面からサポートしたいと思ったからです。健康栄養学科は、栄養について学びを深められるのはもちろん、充実した調理設備と恵まれた環境が整っていますので、食に関心がある人におすすめです。私は、これから栄養士として自分だけではなく、誰かの身体を気遣うことで多くの人を笑顔にしていきたいと思います。

Message先輩からのメッセージ

給食責任者としてスタッフとの連携を大切にしています

西部ガスグループ ドクターフーヅ株式会社 勤務

井口 花乃 さん
2017年卒業(福岡県 誠修高校 出身)

Q 現在、どのような仕事をされていますか?

ドクターフーヅ株式会社の老健施設で、献立・発注業務・厨房での盛り付け・配膳などを行なっています。日々の衛生面、栄養面の管理には力を入れています。

Q 仕事をする上でのやりがいや大切にしている事を教えてください。

高齢者の方でも食べやすいように食材の大きさ、柔らかさには気を付けています。そのためにはコミュニケーションも大切で、それぞれ意見を出し合うことで質の向上を目指しています。

Q 福女短での学びが、仕事で活かされている時はありますか?

実習で学んだ調理技術や器具の使い方、学外での実践的な学習は今の自信になっています。食を通して人と関わり、成長し続けたいと思っています。

衛生面とスケジュール管理で安心安全な配膳を心がけています

医療法人 明楽会 くまクリニック 勤務

時津 綾音 さん
2018年卒業(福岡県 朝倉東高校 出身)

Q 現在、どのような仕事をされていますか?

クリニックと連携しているメディケアホーム南福岡のサービス付き高齢者向け住宅で、主に調理や下準備等を行なっています。専門的に食に関わることで前よりも向上心が格段に上がりました。

Q 仕事をする上でのやりがいや大切にしている事を教えてください。

食中毒を起こさないように衛生面には注意をはらい、配膳時間にあわせてスケジュールを組み立てるようにしています。計画通りに配膳できると達成感があります。

Q 福女短での学びが、仕事で活かされている時はありますか?

基礎調理学での学びは、現場での対応力を培うことができました。いま何をすべきかを授業を思い出すことで臨機応変に行動に移すことができます。