Student’s Voice在学生の声

苦手を克服するサポートと同じ夢を持った仲間に出会えます

竹下 純礼 さん(熊本県 熊本商業高校 出身)

歌や工作が好きで、将来子どもたちと関わる仕事がしたいと考え入学しました。不安や相談に親身に応えてくれる先生や先輩のサポート、同じ夢を持った仲間に出会うことができました。実習はもちろん、授業でも保育所や幼稚園に訪問したり、地域のお祭りに参加するなど、子どもたちとふれあう機会が多いのもメリットです。授業を通して、子どもの立場になって考える大切さを学びました。

現場に近い教育環境で自信と実践力が身に付きます

森下 愛梨 さん(長崎県 島原農業高校 出身)

少人数での学びや、保育現場さながらの環境での授業は現場に出た際の自信につながります。県外からの学生も多く、お互いに声を掛け合ったり励まし合いながらいろんなことを一緒に乗りこえていけます。また、就職に対する不安や相談にも万全のサポートをしてくれる先生方がいるので安心です。将来は「子どもたちと楽しさを共有し、心に寄り添える」保育教論になることが私の目標です。

Message先輩からのメッセージ

責任感と感謝の気持ちを持って働きたい

社会福祉法人相和会 のため保育園 勤務

財部 佳奈 さん
2017年卒業(長崎県 対馬高校 出身)

Q 現在、どのような仕事をされていますか?

社会福祉法人 相和会 のため保育園で保育士として、1歳児の担任をしています。

Q 仕事をする上でのやりがいや大切にしている事を教えてください。

日々の子どもたちの成長や、行事を終えた時の達成感は、この仕事のやりがいです。子どもたちは褒められて伸びると思うので、少しでも何かできた時はしっかり褒めるようにしています。

Q 福女短での学びが、仕事で活かされている時はありますか?

いろいろな事に挑戦する場を与えてもらえたことが今の仕事の役に立っています。チャレンジ精神と行動力を養えたと思います。

子どもの”できる”を伸ばす教育をしていきたい

学校法人 白水学園 森の木幼稚園 勤務

佐藤 唯 さん
2017年卒業(福岡県 筑陽学園高校 出身)

Q 現在、どのような仕事をされていますか?

学校法人白水学園 森の木幼稚園にて年長の担任をしています。将来責任ある大人になれるよう、子どもたち一人ひとりと向き合っています。

Q 仕事をする上でのやりがいや大切にしている事を教えてください。

子どもたちが自分でできることは率先してやらせてあげるようにしています。子どもたちの”やりたい”を引き出し、できることが一つでも増えると成長を感じます。

Q 福女短での学びが、仕事で活かされている時はありますか?

手遊びや折り紙などの製作面は実際の保育の現場で活かす機会が多くあります。子どもの心理についての知識も子どもと接する上での重要ツールです。子どものことをもっと理解し個人にあった教育をしていきたいです。