学びの特色

福岡女子短期大学では個性を重視した才能の開発・育成をねらいとし、専門教育だけに偏らない“女性の可能性を伸ばす”教育を行い、人間性と専門性を兼ね備えた社会人の育成を目指します。

本学は2年間の学びの中で、専門教育と共に教養教育にも力を入れています。教養教育では、各学科の専門教育の基礎となる知識・技能の習得だけでなく、卒業後社会で活躍するために必要な問題解決能力、すなわち“人間力”の育成を目指しています。そのため、教養教育科目は、1年・2年を通して、幅広い分野から履修し、学ぶことができます。これは、開学以来大切にしてきた教育理念です。教育科目は、「基礎教養科目」、「外国語科目」、「保健体育科目」、「情報科目」で構成されています。

学びの構造

基礎教養科目、外国語科目、保健体育科目、情報科目をバランスよく配し、高い人間性を持つ、豊かな女性の育成を目指します。

基礎教養科目

専門職の知識・技術を習得するだけでなく、広く、人間と社会を理解する基礎的知識を学びます。

外国語科目

グローバル化する社会に適応し、お互いの理解を深めるために不可欠な外国語を習得します。

保健体育科目

現代社会を豊かに生き抜くための健康や体力の維持・増進法を習得します。

情報科目

ICTを効果的に利用し、情報社会に対応できる「情報活用能力」を身に付けます。

教養教育科目

基礎教養科目

基礎教養科目では、広く、人間と社会を理解する基礎的知識を学びます。女性として自分自身の成長を見つめ、社会生活を営む上で必要な知識や人との関わり方などを学ぶための科目構成となっています。

  • 社会人入門

    全学生が2年間受講する、開学以来実施している総合教養講座です。社会の変化に対応して生き抜くための基礎的能力を身に付け、10年後の成長を期待して実施しています。

  • キャリアプログラム

    卒業後のキャリア形成のために必要な事柄についての基本を身に付けます。進路選択や就職活動を行う上で大切な自己理解、業界や企業、職業に関する理解を深め、また社会が求める人材像に近づくきっかけとしています。

  • 太宰府地域学

    「太宰府を知る」「太宰府に学ぶ」というコンセプトの下、太宰府の歴史・文化・生活・環境について広く学んでいきます。地域連携の講義や活動を通して、アクティブ・ラーニングを体験できます。

その他の基礎教養科目

キャリア演習 / 心の理解と人間関係 / 日本の文学と文化 / 中国文学 / 実用書道 / 生命の誕生と成長 / 女性としての生き方 / 女性と家庭・社会生活 / 社会人の常識とマナー / ニュースを読み解く / 音楽に親しむ / 色と形で美を探る / 科学の歴史 / 日本国憲法 / 日本語と文化 / 基礎化学 など

外国語科目

グローバル化する社会に適応するために私たちは民族ごとに異なる歴史・文化・宗教を超えて理解しあうことが必要になります。理解を深めるために不可欠な言語を学びます。

以下の言語より選択

英語 / 中国語 / 韓国語 / ドイツ語 / イタリア語

保健体育科目

生涯体育理論と実践

将来にわたる健康的な生活習慣を身に付けるため、自己の身体を正しく認識し、個人にあった運動を実践していく力を習得します。教員免許取得希望者は必修科目です。

情報科目

基礎情報科学演習

インターネットに接続されたパソコンやiPadを利用した実習を通して、適切な情報収集と発信方法を習得し、情報処理をビジネスに応用するための技能と知識を身に付けることができます。